高齢の慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者では、長時間作用型吸入β刺激薬(LABA)や長時間作用型吸入抗コリン薬(LAMAA)の開始後数週間、心血管イベントリスクの有意な上昇が見られることが、後ろ向きコホート研究で明らかになった。カナダToronto大学のAndrea Gershon氏らの研究で、論文はJAMA Internal Medicine誌電子版に2013年5月20日に掲載された。

ログインして全文を読む