周術期の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRIs)使用は、大手術における院内死亡や出血リスクと有意な関係があることが、後ろ向き観察研究で示された。米California大学San Francisco校のAndrew D. Auerbach氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2013年4月29日に報告した。

ログインして全文を読む