非血管手術を受ける患者で、周術期の心合併症リスクの指標であるRevised Cardiac Risk Index(RCRI)のスコアが2点以上であれば、周術期のβ遮断薬投与に生存利益が期待できることが示された。米国の退役軍人に由来する大規模データを利用した米California大学San Francisco校のMartin J. London氏らの研究結果で、詳細はJAMA誌2013年4月24日号に報告された。

ログインして全文を読む