口咽頭の局所麻酔を必要とする手技を受けた患者のメトヘモグロビン血症の罹患率は0.035%であること、危険因子はベンゾカインの適用と入院患者への手技の実施であることが明らかになった。過去10年間の医療記録から抽出したデータを分析した米Beth Israel Deaconess Medical CenterのSejal Chowdhary氏らの研究結果で、詳細はJAMA Internal Medicine誌電子版に2013年4月1日に報告された。

ログインして全文を読む