抗癌剤による副作用として生じる末梢神経障害を、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)のデュロキセチン(商品名サインバルタ)が軽減する効果が、フェーズ3臨床試験で示された。米Michigan大学のEllen M. Lavoie Smith氏らが、JAMA誌2013年4月3日号に発表した。化学療法誘発性末梢神経障害に対する疼痛軽減効果を示したのは、同薬剤が初めて。

ログインして全文を読む