グルココルチコイド系ステロイド薬の使用が静脈血栓塞栓症(VTE)リスクを有意に上昇させる可能性があること、特に新規使用者においてリスク上昇が大きいことが、デンマークAarhus大学のSigrun A. Johannesdottir氏らの研究で明らかになった。詳細は、JAMA Internal Medicine誌2013年4月1日号に報告された。

ログインして全文を読む