18〜50歳で初回脳卒中を経験し、30日間以上生存した患者を追跡した研究で、一過性脳虚血発作(TIA)、虚血性脳卒中、出血性脳卒中のいずれの患者でも、20年累積死亡率は一般集団より高いことが示された。オランダRodobound大学のLoes C. A. Rutten-Jacobs氏らが、JAMA誌2013年3月20日号に報告した。

ログインして全文を読む