深い鎮静下で大腸内視鏡検査を行うと、検査後30日以内の誤嚥性肺炎による入院リスクが上昇することが示唆された。米University Hospitals Case Medical CenterのGregory S. Cooper氏らが、データベースの情報に基づく大規模な研究の結果を、JAMA Internal Medicine誌電子版に2013年3月11日に報告した。

ログインして全文を読む