重症度が高く病歴が長いむずむず脚症候群(Restless Legs Syndrome;RLS)患者に対して、ドパミン受容体作動薬とCaチャネルα2δリガンドによる薬物療法はいずれも、プラセボに比べ有意な症状改善をもたらすことが、システマティックレビューとメタアナリシスの結果、確認された。米Minneapolis VA Health Care SystemのTimothy J. Wilt氏らによる解析の結果で、論文はJAMA Intern Med誌電子版に2013年3月4日に報告された。

ログインして全文を読む