拡張期心不全患者の管理にスピロノラクトンを追加すると、プラセボに比べて左室の拡張機能などは改善するが、運動能力やQOL、心不全の症状には好ましい影響は見られないことが明らかになった。独Gottingen大学のFrank Edelmann氏らが、二重盲検のランダム化比較試験(RCT)の結果をJAMA誌2013年2月27日号に報告した。

ログインして全文を読む