ヒドロキシエチルスターチ(HES)を用いられた患者の死亡と急性腎障害のリスクは他の輸液製剤に比べて有意に高いことが、ランダム化比較試験(RCT)を対象とするシステマティックレビューとメタアナリシスの結果、明らかになった。カナダManitoba大学のRyan Zarychanski氏らが、JAMA誌2013年2月20日号に報告した。

ログインして全文を読む