高齢者の聴力レベルとその後6年間の認知機能の変化の関係を調べた前向き観察研究の結果、聴力低下は認知機能低下の独立したリスク因子となることが示された。論文はJAMA Internal Medicine誌電子版に2013年1月21日に報告された。

ログインして全文を読む