妊婦への選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRIs)の処方が、胎児、新生児、乳児の死亡リスクに与える影響を検討した住民ベースのコホート研究で、SSRIs使用と児の死亡の間に有意な関係がないことが明らかになった。スウェーデンSolna大学病院のOlof Stephansson氏らが、JAMA誌2013年1月2日号に報告した。

ログインして全文を読む