心筋梗塞患者に対する輸血は、全死因死亡とその後の心筋梗塞のリスク上昇に関係することが、米Brown大学のSaurav Chatterjee氏らが行ったメタ分析で明らかになった。論文は、JAMA Internal Medicine(旧Archives of Internal Medicine)誌2012年12月24日号に掲載された。

ログインして全文を読む