日常的にアスピリンを使用している人は、非常用者に比べて滲出型加齢黄斑変性(AMD)のリスクが高いことが、米Wisconsin大学医学部のBarbara Klein氏らの研究で分かった。論文は、JAMA誌2012年12月19日号に報告された。

ログインして全文を読む