扁桃切除術を受ける小児に広く用いられているステロイドが、術後の出血リスクを上昇させるかどうかを検証した無作為化非劣性試験で、ステロイドは臨床的に意義のある出血を増やさず、安全に使用できることが確認された。米Massachusetts Eye and Ear InfirmaryのThomas Q. Gallagher氏らが、JAMA誌2012年9月26日号に報告した。

ログインして全文を読む