ST上昇心筋梗塞(STEMI)患者に対するPCIに、生分解性ポリマーからバイオリムスが溶出するステントを用いた場合の転帰をベアメタルステントと比較した無作為化試験COMFORTABLE AMIの結果が、JAMA誌2012年8月22/29日号に掲載された。著者のスイスBern大学病院のLorenz Raber氏らは、バイオリムス溶出ステントの方がその後1年間の有害な心血管イベントが有意に少ないことを示した。

ログインして全文を読む