冠動脈バイパス術(CABG)において、内視鏡的静脈グラフト採取を行った場合、3年間の全死因死亡と死亡/心筋梗塞/血行再建術再施行のリスクは切開採取と同程度であり、30日以内の創合併症は内視鏡的採取の方が有意に少ないことが、米Duke大学のJudson B. Willians氏らの研究で明らかになった。論文は、JAMA誌2012年8月1日号に掲載された。

ログインして全文を読む