白内障手術から1年間は、股関節骨折リスクとあらゆる骨折リスクが有意に低下することが、米Brown大学のVictoria L. Tseng氏らが行った大規模後ろ向き研究で明らかになった。論文は、JAMA誌2012年8月1日号に掲載された。

ログインして全文を読む