心筋梗塞で入院した患者では、同年代の男性に比べ、女性の方が受診時に胸痛を訴えない割合が高く、胸痛がなかった男性に比べ胸痛がなかった女性では院内死亡リスクが高いことが明らかになった。この性差は年齢が若いほど顕著だった。米Watson Clinic and Lakeland Regional Medical CenterのJohn G. Canto氏らが、JAMA誌2012年2月22/29日号に報告した。

ログインして全文を読む