成人の急性鼻副鼻腔炎患者を対象に、アモキシシリンと偽薬の有効性を比較した無作為化試験で、アモキシシリンには偽薬に優る疾患特異的なQOLの改善効果はないことが明らかになった。米Washington大学(St. Louis)のJane M. Garbutt氏らが、JAMA誌2012年2月15日号に報告した。

ログインして全文を読む