合併症のない急性膀胱炎に対する治療における、セフポドキシムのシプロフロキサシンに対する非劣性を検証した無作為化試験の結果が、JAMA誌2012年2月8日号に掲載された。著者の米Miami大学のThomas M. Hooton氏らによると、臨床的治癒率におけるセフポドキシムの非劣性は確認できなかった。

ログインして全文を読む