吸入ステロイド療法を用いても十分にコントロールできない小児喘息患者にプロトンポンプ阻害薬(PPI)のランソプラゾールを投与しても、喘息症状の改善は得られず、上気道感染などの有害事象のリスクが有意に上昇することが、二重盲検の無作為化試験で明らかになった。American Lung Association Asthma Clinical Research Centersのメンバーである米Johns Hopkins Center for Clinical TrialsのJanet T. Holbrook氏らが、JAMA誌2012年1月25日号に報告した。

ログインして全文を読む