前立腺癌患者に対するアンドロゲン除去療法(ADT)が心血管死亡、前立腺癌死亡、全死因死亡に及ぼす影響を明らかにするために行われた系統的レビューとメタ分析の結果が、JAMA誌2011年12月7日号に掲載された。著者である米Dana-Farber癌研究所のPaul L. Nguyen氏らは、転移はないが治療適応のある前立腺癌患者においては、ADTは心血管死亡リスクを高めることなく前立腺癌死亡と全死因死亡のリスクを有意に低減すると報告した。

ログインして全文を読む