CTを用いた肺癌スクリーニングで得られた画像を、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の早期発見に利用できる可能性が、オランダUtrecht大学のOnno M. Mets氏らが行った前向き研究によって示された。CT画像の自動分析によって得られたデータで、肺機能検査によってCOPDと診断された患者の63%を同定できたという。論文は、JAMA誌2011年10月26日号に掲載された。

ログインして全文を読む