電子線で滅菌された透析膜を含むダイアライザー(透析機器)を用いて人工透析を行うと、その他のダイアライザーを使った人工透析に比べて、透析後の血小板減少症発生リスクが約3.6倍になることが、カナダBritish Columbia大学のMercedeh Kiaii氏らが行った系統的な大規模調査で分かった。論文は、JAMA誌2011年10月19日号に掲載された。

ログインして全文を読む