強いストレスがきっかけで生じるストレス心筋症(たこつぼ心筋症)の臨床的な特徴はこれまで考えられていたより多様であること、また、その診断において、心血管MRI(CMRI)における特徴的な収縮パターンや可逆的組織変化の存在が有用な情報になることが、前向き研究で明らかになった。独Leipzig大学のIngo Eitel氏らが、JAMA誌2011年7月20日号に報告した。

ログインして全文を読む