高用量のスタチンを投与された患者では、中用量のスタチンが投与された患者に比べ、心血管イベントは減るものの、糖尿病発症リスクが有意に高いことが、5件の無作為化試験を対象としたメタ分析で明らかになった。英Glasgow大学のDavid Preiss氏らが、JAMA誌2011年6月22日/29日号に報告した。

ログインして全文を読む