高齢者の骨折リスク予測に広く用いられているTスコアやFRAXスコアが、糖尿病患者の骨折リスク予測においても有用であることが、米California大学San Francisco校のAnn V. Schwartz氏らの研究で明らかになった。3件の前向き観察研究のデータを分析した結果、大腿骨頸部のTスコア低値とFRAXスコア高値は、糖尿病患者においても、股関節骨折、非脊椎骨折のリスク上昇と関係していた。論文は、JAMA誌2011年6月1日号に掲載された。

ログインして全文を読む