完全ヒトモノクローナル抗体製剤アダリムマブの投与を受けた関節リウマチ(RA)患者のうち、抗アダリムマブ抗体が誘導された患者では、血清中のアダリムマブが低値となること、また、同抗体陽性者では、疾患活動性が低い状態や臨床的寛解の維持が難しいことが、長期の追跡研究で明らかになった。オランダJan van Breemen Research InstituteのGeertje M. Bartelds氏らが、JAMA誌2011年4月13日号に報告した。

ログインして全文を読む