血清ビリルビン値が正常域高値の集団では、低値の集団に比べて、肺癌、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、全死因死亡のリスクが有意に低いことが、大規模コホート研究で明らかになった。英London大学のLaura J. Horsfall氏らが、JAMA誌2011年2月16日号に報告した。

ログインして全文を読む