食事からの鉄摂取が少ないネパールで、妊婦に妊娠初期から出産3カ月後まで鉄・葉酸サプリメントを投与したところ、生まれた子供が学齢期になった時点の知能や運動能力は、偽薬群を投与された妊婦の子供に比べて有意に高かった―。そんな無作為化試験の追跡結果を、米Johns Hopkins Bloomberg公衆衛生大学院のParul Christian氏らが、JAMA誌2010年12月22/29日号に報告した。

ログインして全文を読む