米国をはじめとする先進国で経口ビスホスホネートの使用が急増している。先ごろ、この薬剤が食道癌リスクを高める可能性が示されたが、英Belfast大学のChris R. Cardwell氏らは、これを否定する研究結果を得た。論文は、JAMA誌2010年8月11日号に掲載された。

ログインして全文を読む