糖尿病で冠疾患の患者の収縮期血圧を130mmHg未満まで下げると、130〜140mmHgに維持された患者よりも全死因死亡が高くなる可能性が、無作為化試験の2次分析によって示された。心血管複合イベントの発生率には有意差はなかった。米Florida大学のRhonda M. Cooper-DeHoff氏らが、JAMA誌2010年7月7日号に報告した。

ログインして全文を読む