食物アレルギーの診断法や管理法については、様々な研究が行われている。にもかかわらず、未だ確かなエビデンスが構築されていないことが、米Palo Alto退役軍人ヘルスケアシステムのJennifer J. Schneider氏らが行った系統的レビューで判明した。Schneider氏らによると、その最大の理由は普遍的な診断定義の欠如にあるという。論文は、JAMA誌2010年5月12日号に掲載された。

ログインして全文を読む