若年性特発性関節炎(JIA)で、治療により寛解が得られた患者に、いつまでメトトレキサート(MTX)の投与を継続すればよいのか。この疑問を検討するために行われた無作為化試験で、6カ月間継続しても、12カ月継続しても、再発率に差はないことが分かった。独Muenster大学のDirk Foell氏らが、JAMA誌2010年4月7日号に報告した。

ログインして全文を読む