群発頭痛に対する治療の1つとして、標準的なガイドラインは高流量酸素吸入を推奨している。しかし、高流量酸素吸入の有効性と安全性を示した質の高い研究はこれまでなかった。そこで英The National Hospital for Neurology and NeurosurgeryのAnna S. Cohen氏らは無作為化試験を実施。発作開始とともに高流量酸素吸入を行うと、15分後には78%の患者が無痛になることを明らかにした。詳細は、JAMA誌2009年12月9日号に報告された。

ログインして全文を読む