特定の患者集団に禁忌または非推奨となっている薬剤は少なくない。米Denver退役軍人医療センターのThomas T. Tsai氏らは、PCIを受けた透析患者のデータを分析し、本来禁忌または非推奨とされているエノキサパリンとエプチフィバチドの投与を受けた患者が22.3%存在すること、それらの患者において出血リスクが有意に上昇していたことを明らかにした。論文は、JAMA誌2009年12月9日号に報告された。

ログインして全文を読む