乳癌の外科的切除後に持続する疼痛と知覚障害(異痛、痛覚過敏、残感覚、感覚消失など)は、患者にとって大きな問題だ。デンマークCopenhagen大学のRune Gartner氏らは、横断的な調査研究を実施し、乳癌手術後の患者の47%が持続的な疼痛を、58%が知覚障害を経験しており、疼痛を訴える患者の約半数が中程度から重度の痛みに苦しんでいることを明らかにした。論文は、JAMA誌2009年11月11日号に掲載された。

ログインして全文を読む