新型インフルエンザ(2009 H1N1)感染が重症化し、ICUへの入院が必要になるのはどのような患者なのか。また、どのような治療を適用すれば転帰良好となるのか―。この春、重症患者を経験したカナダとメキシコの研究者たちは、オーストリアで2009年10月11〜14日に開催された欧州集中治療学会議の年次総会で、その概要を発表すると共に、詳細をJAMA誌電子版に2009年10月12日に報告した。

ログインして全文を読む