7価の肺炎球菌結合型ワクチンPCV-7)の有効性を落とさずに、通常4回という接種回数を減らせるかどうか検討した結果、PCV-7は最低2回の接種でも有効であることが示された。オランダWilhelmina小児病院のElske J. M. van Gils氏らの報告で、詳細はJAMA誌2009年7月8日号に掲載された。

ログインして全文を読む