過体重や肥満になった時期と膵臓癌の関係を調べた結果、14〜39歳の間の過体重と20〜49歳の間の肥満が膵臓癌リスク上昇と有意に関係していることが示され、若いときから肥満を防ぐことが膵臓癌の一次予防につながる可能性が示唆された。米Texas大学M. D. Anderson癌センターのDonghui Li氏らの大規模なケースコントロール研究の結果で、詳細はJAMA誌2009年6月24日号に報告された。

ログインして全文を読む