統合失調症患者は、非患者に比べ暴力犯罪にかかわるリスクが4〜6倍高いと考えられている。英Oxford大学のSeena Fazel氏らは、統合失調症に薬物濫用と遺伝的環境的要因が加わった場合に、暴力犯罪にかかわるリスクが大きくなる可能性を示した。詳細は、JAMA誌2009年5月20日号に報告された。

ログインして全文を読む