ST上昇心筋梗塞(STEMI)でプライマリPCIを受ける患者を対象に、持続性の心室頻拍または心室細動(VT/VF)の有無とその発生時期が臨床転帰に及ぼす影響を調べたところ、VT/VFがあると90日以内の死亡のリスクが有意に高まることが示された。米国Duke Clinical Research InstituteのRajendra H. Mehta氏らの報告で、詳細はJAMA誌2009年5月6日号に掲載された。

ログインして全文を読む