心不全患者に対して運動療法を行っても、死亡や入院のリスク低減は中程度にとどまる――。そんな結果が、米国Duke大学のChristopher M. O'Connor氏らが行った過去最大規模の無作為化試験HF-ACTIONにより得られ、JAMA誌2009年4月8日号に報告された。

ログインして全文を読む