この冬、世界各国で、オセルタミビル(商品名:タミフル)耐性A型インフルエンザ(A/H1N1)の感染が高率に見られている。米国疾病管理センター(CDC)のNila J. Dharan 氏らは、耐性ウイルスの感染が急増した2007〜08年の流行期に報告された症例を対象に、オセルタミビル耐性ウイルス感染者と感受性ウイルス感染者の疫学情報や症状、臨床転帰などを比較。両群間に有意な差がないことを示した。また、08〜09年流行期の中間集計として、2月19日までに268株中264株(98.5%)がオセルタミビル耐性を示したことも報告された。詳細は、JAMA誌電子版に2009年3月2日に掲載された。

ログインして全文を読む