睡眠の量と質は健康に大きな影響を与える。米Chicago大学のChristopher Ryan King氏らは、観察研究を行い、睡眠時間が短いと冠動脈石灰化リスクが上昇することを示した。睡眠時間が1時間延びると、5年間の冠動脈石灰化リスクが33%低下することも明らかになった。詳細は、JAMA誌2008年12月24/31日号に報告された。

ログインして全文を読む