喫煙は様々な癌のリスクを上昇させる。イタリアEuropean Institute of OncologyのEdoardo Botteri氏らは観察研究のメタ分析を行い、大腸癌の罹患および大腸癌死亡と喫煙の間にも強力な関係があることを見いだした。詳細は、JAMA誌2008年12月17日号に報告された。

ログインして全文を読む