癌患者に広く用いられている新規血管新生阻害薬、ベバシズマブ(商品名アバスチン)の投与により、静脈血栓塞栓症(VTE)のリスクが有意に上昇することが、米Stony Brook大学のShobha Rani Nalluri氏らによるメタ分析で判明した。詳細は、JAMA誌2008年11月19日号に報告された。

ログインして全文を読む