水溶性必須ビタミンB群の葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12は、癌予防において重要な役割を果たすと考えられてきた。しかし、米Brigham and Women's HospitalのShumin M. Zhang氏らは、それらを長期にわたって過剰に摂取しても、浸潤癌、乳癌のリスク低減は期待できないことを明らかにした。詳細は、JAMA誌2008年11月5日号に報告された。

ログインして全文を読む